建築専門用語

  • 耐水合板(たいすいごうばん)
    合板は接着強度を保証するため、耐水性能によりJASによって、耐水性の高いものから特類合板・1類・2類・3類合板と四段階に分類されています。
    特類は、屋外または常時湿潤状態の場所(環境)で使用可能な合板で、主にフェノール樹脂接着剤を使用しています。(主に、外壁、屋根下地材として使用されています。)
  • 耐水石膏ボード(たいすいせっこうボード)
    耐水石膏ボードとは、耐水プラスターボード 若しくは、シージング石膏ボードとも呼ばれ、防水処理を施した石膏ボードのことで、洗面脱衣室などの多湿箇所の壁・天井下地として用いられる。
  • 畳寄せ(たたみよせ)
    畳寄せとは、和室の壁と畳の取り合い部に用いる部材。
  • 建て方(たてかた)
    建て方とは、木造や鉄骨造などで、現場で主要な構造材を組み立てること。一般的には棟上げまでの作業を指す。
  • たてすべり出し窓(たてすべりだしまど)
    たてすべり出し窓とは、窓の軸がスライドし、左右どちらか一方に回転するように開閉する窓。窓の縦方向の片側を軸とします。
  • 垂木(たるき)
    垂木とは、屋根の野地板を張るためにその直下にある部材で、軒桁、母屋、棟木の上に、屋根勾配なりに設置される。断面寸法は、その屋根の葺く材料の重さや軒の出の寸の法によって決められる。
  • 垂れ壁(たれかべ)
    垂れ壁とは、天井から降り下がった壁。
  • 単板ガラス(たんいたガラス)
    単板ガラスとは、1枚のガラスで構成されたガラス。
  • タンクレス便器
    タンクレス便器とは、洗浄のための水を貯めるタンクがないタイプの便器で水道直結方式。
  • 単相(たんそう)
    単相とは、電気供給方式の一種で、単相には2線式と3線式があり、2線式は100V、3線式は100Vと200Vの電気器具が使用できます。
  • 単層フローリング(たんそうフローリング)
    単層フローリングとは、構成層が1つのフローリングで、一般的には無垢材でつくられたものを言います。
  • 大工(だいく)
    大工とは、木工事に携わる職方全般を指します。木造の建物では、地縄縄張りから木部外構まで、最も長い期間工事に関わっています。
    大工の中でも社寺専門を「宮大工(みやだいく)」、数奇屋専門を「数奇屋大工(すきやだいく)」と呼ばれる。また、鉄筋コンクリートで型枠を組み立てる大工は「型枠大工(かたわくだいく)」、内装の木工事だけを行なう大工を「造作大工(ぞうさくだいく)」と呼ばれています。
    尚、木造のツーバイフォー工法(木造枠組壁工法)は、「フレーマー」と呼ばれています。
  • 大理石(だいりせき)
    大理石とは、変成岩の一種で、大理石の名称は、中国雲南省の大理県で産出することにちなんでいる。日本でも産出されるが、建築材料としてはほとんどが、イタリア、スペイン、ギリシア、フィリピンなどからの輸入されている。
  • ダウンライト
    ダウンライトとは、天井に埋め込まれた照明器具。
  • 団子貼り(だんごばり)
    団子貼りとは、壁のタイルを貼る施工方法で、積上げ貼り工法とも言う。
  • 断面図(だんめんず)
    断面図とは、建物をタテに切った所を表した図面。

● ち

  • 地業(ちぎょう)
    地業とは、基礎を支えるための、それより下に割栗石、砕石、杭などを設けた部分のこと。また、掘削が終わった後に、根切り底の地盤を固めるための割栗石、目潰し砂利、砕石などを敷き、ランマーなどで突き固め、捨てコンクリートを打つまでの工程の作業のこと。突き固めを行なう際の、砂、砂利、割栗石などの材料の種類により、砂地業、砂利地業、割栗地業と言います。

● つ

  • 通気管(つうきかん)
    通気管とは、重力式排水方式の排水設備において排水によって引き起こされる排水管内の気圧変動をなくし、排水を円滑に行わせるために必要とする配管。
  • 束(つか)
    束とは、木造住宅などで母屋や大引を支える部材。小屋束、床束など。
  • 束石ブロック(つかいしブロック)
    束石ブロックとは、床束を受けるための部材。コンクリート製の既製品(150mm角×高さ120mm )
  • 突板(つきいた)
    突板とは、天然木を薄くスライスしたもので、厚さによって、薄突き(0.18mm~0.40mm)と厚突き(0.50mm~1.00mm)に分類される。
  • 付鴨居(つけがもい)
    付鴨居とは、和室の開口部以外の壁(高さ位置は鴨居と同じ高さ)に設ける鴨居。
  • 付け柱(つけばしら)
    付け柱とは、大壁下地などの上に、構造的には関係なく取り付ける化粧材の柱(造作柱)。
  • 土壁(つちかべ)
    土壁とは、土を用いて作られた壁で、使う土により土壁の名称があります。

● て

  • 手洗い付きカウンター(てあらいつきカウンター)
    手洗い付きカウンターとは、手洗いボールや水栓が天板に設置されている小型の手洗器で、収納や紙巻器とセットになっている機種もあります。
  • 鉄筋コンクリート構造(てっきんコンクリートこうぞう)
    鉄筋コンクリート構造とは、鉄筋を組み、コンクリートを流し込み構造体をつくる構造。
  • 鉄骨造(てっこつぞう)
    鉄骨造とは、主要構造部に鉄骨を用いた構造。工法にはラーメン工法とブレース(ピン)工法があります。鉄筋コンクリート構造に比べ軽量で粘り強い構造のため、高層建築やスパンの大きい建物に適している。
  • テラゾ
    テラゾとは、白色セメントに主に大理石の種石を混ぜたモルタルを練り、表面を磨き仕上げしたもので、大理石風の仕上がりとなる。工場であらかじめ板石状につくったものを、テラゾブロックと言う。
  • 天然木化粧合板(てんねんもくけしょうごうばん)
    天然木化粧合板とは、天然の木を薄くスライスして合板に貼ったもの。銘木化粧合板とも言う。
  • 天袋(てんぶくろ)
    天袋とは、天井に接して設けられた戸棚。押入れの上部などに用いられる。
  • 出隅(ですみ)
    出隅とは、壁などの2つの面が出合ってできる外側の角。反対に入り合ってできる角を入隅と言う。

● と

  • 戸当たり(とあたり)
    戸当たりとは、開きドア枠にドアの厚み分をとって3方向に取り付けられた
    部材で、閉めた時にドアの当たる部分。
  • 戸当たり束(とあたりつか)
    戸当たり束とは、床脇の地袋の引き戸の当たる部分で天板より突き出して
    取り付けられた部材。天袋に取り付けられた部材を下げ束と言う。
  • 樋(とい)
    樋とは、軒先に設けるものを軒樋、軒樋の雨水をまとめて縦に流す樋を竪樋。また、樋が見えないように屋根面に設けた溝に取り付けるものを内樋、若しくは 隠し樋と言う。
  • 通柱(とうしばしら)
    通柱とは、木造の建物で、1階から2階まで 若しくは 2階から3階までの1本で通した柱。一般的には4寸(120mm)サイズ。
  • 特殊加工化粧合板(とくしゅかこうけしょうごうばん)
    特殊加工化粧合板とは、天然木以外の表面処理加工を行なった合板。
  • 床板(とこいた)
    床板とは、床の間の床に用いる地板。
  • 床框(とこがまち)
    床框とは、床の間の床高さを座敷より上げる場合に、前面に設ける水平化粧部材。
  • 床框束(とこかまちづか)又は框束
    框束とは、床框が柱以外の壁にあたる部分へ収まりよくする為に取り付ける
    部材
  • 床の間(とこのま)
    床の間とは、和室に設ける飾りスペース。
  • 床柱(とこばしら)
    床柱とは、床の間に設ける化粧柱。
  • 床脇(とこわき)
    床脇とは、床の間の横につくられるスペース。一般的には、違い棚、地袋、天袋、地板などで構成されるスペース。
  • 戸襖(とぶすま)
    戸襖とは、和室と洋室の取合に設ける襖戸。下地材に合板などを使い戸の厚み(見込み)が一般の襖戸より厚い。
  • ドアクローザー
    ドアクローザーとは、ドアチェックとも言い、開き戸の上部に取り付ける装置で、開いたドア(扉)をゆっくり自動的に閉める装置です。ストッパー機能の付いたものもあり、また、閉める速度を調整することもできます。
  • 胴差し(どうさし)
    胴差しとは、木造で2階以上の床の位置で床梁を受け、上階の管柱を受ける横架材。
  • 同時給排気型レンジフード(どうじきゅうはいきがたレンジフード)
    同時給排気型レンジフードとは、排気と同時に給気される仕組みになっている換気扇で、排気による室内の過度の負圧化を防ぐ効果がある。
  • 同軸ケーブル(どうじくケーブル)
    同軸ケーブルとは、内部導体と外部導体が同軸上に配置されたケーブル。テレビなど映像音響の高周波通信用に使用される。
  • 動線計画(どうせんけいかく)
    動線計画とは、室内や部屋相互における人、物の動きを分析し使いやすく計画すること。
  • 胴縁(どうぶち)
    胴縁とは、壁の下地部材。壁材を貼る方向によって縦胴縁と横胴縁とがあります。外壁の通気層を設けるために施工される胴縁を通気胴縁と言います。
  • 土台(どだい)
    土台とは、木造の最下部で、柱からの荷重を基礎に伝える横架材。断面寸法は管柱と同寸か一回り大きなものが用いられる。
  • 土間コンクリート(どまコンクリート)
    土間コンクリートとは、平面的に打ち込むコンクリート。玄関・勝手口の床や外部のカーポートや犬走りなどに用いられます。


    ページトップへ