網戸の貼り替え方

カッターと押し込みローラー
初めに用意するもの、市販のカッター、後部に平たい鉄のツメが出ている物が使いやすいです。と網戸を押し込むためのローラー、この二つがあればOK

押さえゴム
最初に網戸を押さえてあるゴムを撤去します。カッターの後部を使うと簡単にとれます。ゴムはそのまま再利用もできますが、買い替える場合は同じサイズの物を購入しましょう(ゴムの太さ直径の種類が5種類あります。

網戸枠
ゴム&網戸を撤去したら網戸枠をきれいに洗浄しましょう。意外と汚れています。車の洗浄ブラシが扱いやすくお手頃です。



網戸枠
いよいよ網戸貼りです。作業するときは網戸枠を床等に寝かした状態で作業するので、枠の下に新聞紙などを敷いてキズが付かないように養生します。

網戸敷き
市販の網戸を枠の上に被せ位置を決めましょう。周辺に5センチくらいはみ出す位がちょうどいいです。

ゴム押さえ
ローラーを使ってゴムを溝の中に押さえ込みます網戸も押さえながら丁寧にローラーで転がすように作業を進めます。



ゴム押さえ
一度で入りきれない場合は何度かローラーを転がしながらシッカリと溝に押さえこみましょう。

ゴム押さえ完了
一辺を押さえたら、(次は反対側を押さえる)というふうに順序を決めて行えば網がきえりに引っ張られてピンと張る事ができます。

網戸完成
最後に余分な網をカッターで慎重にカット(ここで貼った網にカッターの刃が触れないように注意)これで完成です。コツが分かれば意外と簡単、力は必要ありません。