当社の得意としていること

築40年以上の建物をリフォームする場合、全体的な修復をご希望されるお客様が多い傾向にあります。

当社ではお客様の要望を聞きプランを制作するにあたって使い勝手、デザインなどを考慮した提案を行っております。

建物全体のスケルトンリフォームやリノベーションは最終的なプランに至るまで時間をかけて打合せをしますので、お客様の希望が隅々まで繁栄されるように心がけております。

実際には、工事期間中は部分的な変更が多数でてきます。その都度対応する事で最終的に予想以上になったと喜んでいただいてます。

プランナーが一番緊張し、嬉しい時が引き渡しの際、客様から自然に出る笑顔を見た時です。

古民家リフォーム

木造建物完成
もっと詳しく

住宅リノベーション

建物、外構完成
もっと詳しく

住宅内・外構リフォーム

建物完成
もっと詳しく

平屋住宅リノベーション

室内完成
もっと詳しく

2階部分スケルトンリフォーム

画像の説明
もっと詳しく

赤瓦古民家増改築

完成外観
もっと詳しく

住宅改修工事

リビング
もっと詳しく

コンクリート住宅増改築工事

玄関完成
もっと詳しく

住宅リフォーム

建物正面
もっと詳しく

セメン瓦家リフォーム

建物完成
もっと詳しく

セメン瓦家増改築工事

完成外観
もっと詳しく

コンクリート平屋改修

外観完成
もっと詳しく


家の仕上がりは大工さん次第です。

  • 当社では丁寧な仕上がりを常に考えながら日々の作業に取り組んでます。

沖縄の古民家のリフォームで木造住宅の骨組み、屋根の母屋・隅木・棟木の刻み加工を行っています。最近はプレカットと言う工場の機械で加工する方法が多いですが、こちらは現場合わせで加工が必要な為すべて手刻みで1ヵ所づつ加工してます。昔から伝わる差し金の(規矩術)きくじゅつで墨付けをすれば複雑な仕口も現場で加工することができます。毎日終わった後は清掃して次の日に備えます。

墨付け

刻み加工

刻み加工2

組立



床貼り替えの工程です。
まず既設の床材の撤去からです。周辺は丸鋸等でカットしてバールで剥がしていきます。周辺の壁などに傷がつかないように慎重に行います。撤去が終わったら次は床下の清掃です。綺麗に清掃することでシロアリなどの害虫予防にもつながります。次に新しいフローリングを貼りだします。最初のスタートが肝心なので墨を打って一直線に貼ります。2列目以降からはフローリング同士の間に隙間が空くように名刺程の厚さのスペーサーを差していきます。(無垢のフローリングなので膨張した時のむくれ防止の為です)最後まで貼って終了です。

床の撤去

床下の清掃

床貼り出し

床貼り終了



現場を整理整頓することで仕事も早く綺麗に仕上げることができます。